40代 基礎化粧品

40代からはじめるスキンケア

肌年齢を感じはじめる40代。

あなたも最近目元、口元の乾燥による小じわや顔全体のハリが気になりはじめませんか?

肌は「加齢」と一緒に「老化」してしまうため、たるみやしわ、シミなど肌のトラブルが目立ち始めますが、それを年のせいで諦めてしまっては、1年後、5年後、10年後も美しい肌ではいられません。

確かに、いくら努力しても加齢は避けられませんが、日常のケアで肌の老化は少しずつでも遅らせることができるんです。

40代肌と20代の肌の1番の違いは、弾力性と保湿。 このハリとうるおいを取り戻すためには、衰弱した肌が持つ本来の機能を強化しながら、保湿に重点を置いたケアが大事です。

年齢肌を美肌に変えるには

40代となると肌トラブルがいろいろでてきます。

その原因は、は加齢によるものも少なくありません。
この加齢の進行をそのまま放置してしまった場合には、しみ・シワ・たるみが顔全体に面的に広がってしまいます。

いつもと同じものを同じように使用していても、なんとなく違う感じがする・・・・・
そう感じてくると、それは肌の老化の兆候です。

そんな疲れがたまった年齢肌を、思わず触れたくなるような肌に整えは肌にやさしい植物の力で肌の活性力を上げて肌自らが損傷から回復する機能を強化してあげましょう。

スキンケア化粧品は年齢を重ねても美しい肌でいるためのアイテム

女性に肌はその人を映す鏡のようなもの

内面が成熟し、若い頃とは違う魅力的な表情と光沢などがありくるように年齢を重ねても美しい肌の持ち主は、気品が感じられます。

そんな素肌であるためには、毎日のケアの時にきちんと自分の肌と向き合うこと。

自分の肌と向き合うことを忘れてしまうと、肌SOSサインさえ見過ごしてしまい、肌に深刻な打撃を与えてしまします。

肌は毎日生まれ変わっていますので、いつまでもきれいな肌を維持するには、その時その時に必要な手入れをしていくことが重要です。

40代はアンチエイジングのターニングポイント

肌の老化を促進させてしまう原因は

◆紫外線によるダメージ
◆活性酸素よる細胞の衰え
◆肌の乾燥

などがありますが、このほかにまた、肌を老化させる原因があります。

それは 「細胞の代謝能力の低下」

皮膚細胞の新陳代謝の力が衰えてしまうと、コラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力を維持するために必要な成分の量が減少して表皮が薄くなってシワたるみなど肌の老化現象が現れ始めていますし、しみやしわなども目立ち始めています。

でも肌は約4週間ほど古い細胞から新しい細胞に置き換えられ、新しい皮膚細胞が古い肌の皮膚を引き上げることで、表面の古い細胞は垢などとなって剥がれ落ちます。

このターンオーバーのリズムが健全であれば、皮膚は常にしっとりとしているものです。
肌のターンオーバーを整えるには角質層が水分で満たされていることが重要であるため、うるおいで満たしてあげましょう。

あなたが肌の老化を防止し、いつまでもハリと潤いの若い肌を保っていたいと考えるならば、体の代謝能力を上げることが重要です。

そして、この細胞の新陳代謝を高めるために重要な役割をすることが成長ホルモン。
成長ホルモンの分泌量は個人差がありますが、18歳をピークに少しずつ低下、40代ではその分泌量は4分の1以下になってしまいます。

さらに、最近の研究では、成長ホルモンは内臓脂肪を分解する作用があることが知られてきたため、肌の老化防止対策だけでなく、腰周りの余分な脂肪を落としても成長ホルモンを活発に分泌させることは非常に効果的。

また、成長ホルモンは皮下組織の水分保持に重要な役割をしているため、この成長ホルモンの分泌を高めることができれば、皮膚の老化を抑制し、美容やダイエットなどの効果も飛躍的に高めることができるです。

この成長ホルモンの分泌を高め、新陳代謝を活発にするには、血液の循環を良くすることが最も効果的。そこには、入浴や適度な運動、バランスの取れた食事など普段の生活習慣を維持していくことが必要です。

NEWS

中谷美紀、高精細の映像「本当にいらないと思う」=収録では「引きめで撮って」
女優の中谷美紀が17日、CMキャラクターを務める化粧品「TV&MOVIE 10min ミネラルファンデ」の記者発表会に出席した。この日、中谷は左肩を…
中谷美紀 毛穴とかシワの奥まで見えてしまう「4K、8Kなんていらない」
…お肌に優しくあって欲しいという2つの欲張りな願いを叶えてくれる夢のような化粧品です」と絶賛。 また最近の高画質カメラについて「肉眼で見るよりもよく見え…
なんでつきあったんだろ? 別れる時、男が言い放った“最悪な捨て台詞”
…のかもしれないけど、もうドン引き! 最悪な思い出になりました」(25歳・化粧品)「言わなくてもいいことを言うなって感じ。ぶっちゃけ私も何回かしてたけど…